5.18.2007

Nikki McClure: Art, Food, and Politics. Indeed.

昨日ゲストの方 が様々なスローフードの資料やパンフレットなどを持ってきてクラスの皆に配ってくださった。その中に水をはったバケツを持って畑を歩く農夫の腕が描かれた、プロモーション用絵はがきがあった。白黒と薄い黄色だけを使った、力強くそれでいてどこか優しいこの絵に一目見て強く魅かれた。コントラストのはっきりした太い線で描かれており、版画のようである。どことなくプロレタリア運動においてポスターや雑誌の表紙によく使われた絵の感じに似てはいるのだが、プ ロレタリア・アートの、あの怒りと闘いの決意からくる激しさはない。とにかく気になって絵はがきに書いてあった情報をもとに検索してみると、Nikki McClureというワシントン州在住の切り絵作家の作品であることがわかった。そう、版画ではなく切り絵だったのである。彼女のウェブサイトのギャラリーやオンラインショップを見て、もう見れば見るほどますます好きになってしまった。切り絵の絵柄そのものからも、作品につけられたタイトルからも、彼女がまさに芸術、 食、そして政治 = art, food and politics を一体のものとして考えていることがよくわかる。早速メールを出していつかシカゴに来ることがないか尋ねてみた。返事が来るのを楽しみに待っているところである。
Yesterday, the guest brought for us various kinds of Slow Food materials including booklets, newsletters, fliers, etc. Among them, there was a bunch of promotional postcards printed with the image of farmer's arm, who is walking in the field with water-filled buckets. Drawn only in black, white and very light yellow, this bold, yet, at the same time, genial image immediately captured me. It was drawn with contrasty thick lines, and looked like an engraving. It reminded me those images often used for posters and journal covers in the Proletarian Movement, however, it bore no intensity of Proletarian arts, that were from the anger and determination to fight. Anyway, I was just so interested and googled with the information on the postcard. And I found that it was a work of Nikki McClure, a Washington-based paper cuts artist. Yes, it was a paper cut picture, not an engraving. Browsing her website gallery and online-shop, I've become more and more enchanted by her works. From the theme and construction of pictures, and also from the title of pictures, I can tell that she sees the very art, food, and politics as things inseparable. I went straight to email her asking if she had a plan to visit Chicago someday. I am now looking forward to hearing from her.