6.21.2007

Nuclear Power, Beauty Contest, and Mink Coat


6月19日にモスクワで開催された「ミス・アトム2007・インターナショナル・ビューティーコンテスト」の受賞者の写真がロイターより配信された。2月から3月までのオンライン投票によって受賞者は決定されていたようなので、昨日のイベントはおそらくその授賞式だと思われる。公式サイトにはコンテストの目的や趣旨のようなものは書かれていない。参加者は18歳から35歳までのロシア原子力庁の関連企業・団体、旧ソ連国家の原子力関連団体、研究所で働く女性、および原子力関連教育機関の学生。公式サイトにエントリーした297名の顔写真とプロフィールが掲載されている。優勝したエレーナ・カメンスカヤさんは1983年生まれ、連邦原子力局管轄のEleronという安全装置の開発製造に携わる組織に勤務している。賞品はミンクのコートだそうだ。今年はチェルノブイリ原発事故から21年目。
News photos of "Miss Atom-2007 International Beauty Contest", which was held in Moscow, June 19, was released via Reuters. The winner was already announced based upon the on-line votes between February and March, thus yesterday event must have been the awarding ceremony. There are no statement of purpose of the contest on the official website. Contestants are 18 to 35 years old women working at Russian Atomic Energy Agency's enterprises and organizations, nuclear power entities of former USSR states, research institutes and students of nuclear educational institutions. Pictures and profiles of 297 contestants are available on the official website. The first prize winner, Yelena Kamenskaya was born in 1983, and is currently working at Eleron, an institute under the control of Federal Atomic Energy Agency which develops physical security systems. The prize for the first place is a mink fur coat. This is the 21st year after the Chernobyl disaster.