10.27.2007

Cranes for Peace by Mariam Younes

Cranes for Peace

Mariam Younes, a student at DePaul University has launched a new project, Cranes for Peace. Please read her introduction for the project from here. I am profoundly moved by sincerity of her and her friends to face and empathize with victims of atomic bombs. How encouraging and hopeful the unaffected humanity of young generation is, given the general consensus on the legitimacy of two bombs in the Unites States.

ディポール大学の学生であるマリアム・ユーネスさんが、Cranes for Peace(平和のための鳩)というプロジェクトを始めた。ここからマリアムさん自身によるプロジェクトの説明を読むことができる。被爆者の方々に向き合い心を寄せる、彼女とその友人たちの誠実さに深く感動した。若い世代のありのままに素直な人間性は、2度の原爆投下は正当であったというアメリカでの一般的理解を思うと、なんと力強く希望をあたえてくれることだろうか。