5.24.2007

Two Installations at MCA Chicago, 1


先日シカゴ現代美術館で2つのインスタレーションを見た。1つはしばらく前から展示されている作品でチリのアーティスト、Alfredo Jaarの"Geography=War, 1991"(地理=戦争、1991)。暗い部屋の中に6×6に並べられた計36個の錆び付いたドラム缶。そのすべてに水がいっぱいにはられており、その上に覆いかぶさるように写真のアクリルパネルが吊ってある。ドラム缶の周りを歩くと、水面にアフリカの貧しい村を撮った4枚の写真が反射して見える。作品に添えられた解説によると、1987年から88年にかけて、ナイジェリアのココという村に35000トンの発癌性PCB(ポリ塩化ビフェニル)を含む汚染排水がイタリアから運び込まれた。村の農民が月に$100という値段でこれを預かることに同意したのである。しかしこの有害性についてきちんとした説明はなく、排水は地面にあけられてしまったり、また自然に蒸発したりして有害物質が環境中に放出された。その後村人は深刻な健康被害に苦しんでいる。アフリカやアジアなどの貧困地域がこのようにわずかばかりの金銭と引き換えに、先進国の「やっかいなゴミ」の捨て場所になっている。しかしそのわずかな金銭は、ときとしてその国のGNPをも上回るのだそうだ。ドラム缶の周りを歩くと、その水がもし毒物だったらという恐ろしい想像が耐え難いほど現実的にせまってくる。こぼれたらどうしよう、触ってしまったらどうしようという思いが、水だとわかっていながら、どうしても消えない。しかし表面に映るココの村人の目線が、そんな自分の想像ゲームを見抜くかのようにつきささり、申し訳なさといたたまれなさで足がすくんでしまう。
I recently saw two installations at MCA Chicago. One is the installation "Geography=War, 1991" by a Chilean artist, Alfredo Jaar, which has been displayed for a while. In a dark room, 36 rusted barrels are placed in 6x6. All of them are filled with water, over that a photographic acrylic panel is suspended from the ceiling. When you walk around the barrels, you can see on the surface of water reflected four images of a poor village in Africa. According to the notes, from 1987 to 1988, 35000 tons of toxic water contaminated with carcinogen PCB from Italy was brought in Koko, Nigeria. Local farmers agreed to store them for $100 per month. Not being properly explained its danger, however, they spread toxic water over the ground sometime. Besides, water naturally evaporated, and toxic substance was released into the environment. Since then local people have been suffering from serious health problems. There are so many cases like this in Africa and Asia. Deprived area has become the dumping place for "onerous waste" of the developed countries in exchange for measly sum. The measly sum, however, sometime exceeds the total GNP of that country. Walking around the barrels, I was overwhelmed by the unbearably scary imagination, what if this water is toxic. I could not shake concerns, what if this spilled out or I touched this, even though I knew it was just water. Yet the eyes of local people on the surface penetrated my imagination game, and I got paralyzed with guilt and embarrassment.